2023/06/20 10:37

どうも~、帽子と古着が大好きな古着屋オッドディレイブルーの店長、ハナヤンです。
本日はいつもと違い、ちょっとした雑談的ブログ。

実は僕、HIPHOPがめっちゃ好きなんです。人生で最初に買ったHIPHOPアルバムはDe La Soul。高校生のとき、わけも分からず買って聞いてました。笑
それ以降、アメリカ・日本問わずあれこれ聞いてるんですが、好きなのはトラップ系よりもサンプリングがっつりしてるようなやつ。





僕が好きなのはブーンバップ??

最近のヒップホップ界隈、トラップミュージックが流行ってるというか、流行りきった感じありますね。それとともに「ブーンバップ」って言葉をよく聞くようになった気がします。さて、ブーンバップとはどういう意味なんでしょうか?

ヒップホップ用語としての「ブーンバップ」の意味を調べてみました。



ヒップホップ用語「ブーンバップ」とは90年代らしいヒップホップのサンプリングビート


まず答えから言うと、ブーンバップとは90年代ヒップホップに見られる、太いドラムループを主体としたサンプリングビートのこと。つまり、僕が一番グッと来るヒップホップは、今どきっぽくいえばブーンバップらしい!


▼わかりやすい解答としてはヒップホップ・ライター斎井直史さんのコレ

思えばトラップの盛り上がりに伴い、対義語として使われることが増えた「ブーンバップ」という言葉。90年代のヒップホップの太いドラムでループする、ストレートなヒップホップのビートを意味します。


ほかを調べてもほぼ上記の意味で使われています。

必ずしもブーンバップ=サンプリングビートとは書いてないですが、まあ、90年代らしいビートはだいたいサンプリングですね




ブーンバップは、音数が少ないトラップの対義語的に使われてる


ここ数年、トラップがヒップホップ界を席巻しています。もはや流行りすぎて飽きてる人も多いと思いますが、まあとにかくトラップばっかり。最近はドリルとかグライムも多いですが、トラップはひとつのジャンルとして確立されましたね。


↑古いですが、トラップといえばこういうシンプルで音数が少なく、独特のスネアや808サウンドが特徴。

かっこいいなって思う曲もあるんですが、全体的には

「似たような曲ばっかやんけ!」

って思ってしまいます。

この感覚って、90年代や00年代初頭のヒップホップを好んで聞いてたであろう、アラサー・アラフォー世代のヒップホップ好きおっさんに多いハズ。笑

もちろん、僕ももその一人ですw



で、こういうトラップ的なビートの対義語として「ブーンバップ」っていう、ヒップホップ黄金期のサンプリングミュージックを指してるようですね。

著作権などの関係でメインストリームでのサンプリングミュージックが難しくなってきてるっていう時代背景も。





太いドラムループとサンプリングと言えばウータンクラン


「太いドラムでループする、ストレートなヒップホップ」という文字を見た瞬間にぱっと浮かんだのはウータンクラン(Wu-Tang Clan)。

あの奇妙でザラツイたサンプリングと太いビート感はいかにも90年代って感じ。

僕は1999年くらいからヒップホップ聞き始めたから、後追いですがWu-Tang Clan大好き。

ウータンクランと言えばやっぱC.R.E.A.Mが代表的。


トラップミュージックとは真逆な、ごちゃごちゃした感じがたまりません。(この感覚がおっさんなのかもw)
※ちなみに、オッドディレイブルーを運営する僕の事業上の屋号は”ODB”です

▼こういう肉厚ボリューミーなパーカーもHIPHOP的ですよね


勝手な時系列的まとめ


ヒップホップには時代ごとにカテゴライズする言い方があります。

2000年代ごろは

80年代HIPHOP→オールドスクール
90年代HIPHOP→ニュースクール
00年代HIPHOP→はいはい、エミネムね

という感じではないでしょうか。

その中でニュースクールに該当する部分がブーンバップに置き換わった感じかな、と。2018年にもなって90年代がNEWってなんやねん!ってことですかね?




さいごに


HIPHOPってそれぞれの時代で思想的な傾向とか政治・社会情勢ってもんが関わってきます。ファッションも違うし。

2010年代ってミニマリストという言葉もある通り、あんまり持たない、シンプルイズベストって感じが王道になってきてます。

それはHIPHOPにも反映されてて、ビートもシンプルでファッションもシンプル。首元だけジャラジャラであとは無地Tシャツにスキニーパンツ、とか。

ただ、どんなジャンルでも揺り戻しがあります。ユニクロばっかり飽きたわ!みたいな。そういう意味でback to 90'sなファッションが流行ってるんだろうな、と。



そしてHIPHOP界でも

「トラップもうええねん!!」

っていう動きなのではないでしょうか?

90年代HIPHOP好きなアラサー以上のほうが人口も多いですし。最近、おもしろいサンプリング+トラップ要素が混ざったような曲も多いですよね。Xansei氏とか。





日本人で90sっぽいブーンバップなビートメイカーで好きなのはdooooさん。よかったら聞いてみてください。




(おまけ)オススメHIPHOPドキュメンタリー


この映画はまじで最高過ぎる。



▼ATCQやデラソウルなんかが着てそうな服