2023/02/24 00:00


どうも~、世界のTシャツ&帽子専門店、古着屋オッドディレイブルーの店長 ハナヤンです。
山口県の田舎に住んでた高校生のときから古着が好きなんですが、その中でもやっぱりTシャツが好きなんですよね。お手頃なものも多いし他人と被らず個性的だし。当時は小倉(北九州)まで友達と毎週のように古着屋巡りにいってました。

さて、そんな古着Tシャツがもつ何とも言えない魅力。その魅力をGPちゃん(cahtGPT=人工知能)にも聞いてみたら、こんな文章を返してくれました。

新品のTシャツにはない独特の風合い

まず、古着Tシャツは、新品のTシャツにはない独特の風合いがあります。古着Tシャツは、長年着られたり、洗濯されたりしているため、柔らかく肌触りが良く、程よい着古した感じがあります。また、素材によっては、色あせたり、織り目がゆがんだりすることで、オリジナリティのある表情を見せてくれます。
 

新品のTシャツにはない個性的でオリジナリティのあるデザイン

そして、古着Tシャツには、新品のTシャツにはない個性的でオリジナリティのあるデザインがあります。古着Tシャツは、年代物や限定品など、今では手に入りにくいデザインが多いため、着る人自身が独特のスタイルを表現できるという点で、魅力的です。また、古着Tシャツには、有名なバンドのロゴや、昔のアニメキャラクターなど、懐かしいデザインが多く、それだけで着る人を懐かしさや思い出に浸らせてくれます。
 

古着Tシャツは環境にも優しい

さらに、古着Tシャツは、環境にも優しいという点があります。古着を着用することで、新しい衣服を生産する必要がなくなり、環境負荷を減らすことができます。また、古着Tシャツは、新品の衣服に比べて価格が安く、コストパフォーマンスが良いため、若者を中心に人気があります。
 

まとめ

以上のように、古着Tシャツには、独特の風合いや、個性的なデザイン、環境に優しいという魅力があります。また、その価値は、着る人自身が持つスタイルや、思い出にも繋がっているため、一度手に入れると長く愛用することができます。



いや~、GPちゃん良いこといいますよね!
まさにその通りって思います。オッドディレイブルーが扱うTシャツは基本的にレギュラー古着が中心です。どこかの誰かが作った地域クラブのTシャツやイベントTシャツ。企業物やキャラものなど。
僕みたいなアラフォー世代の古着好きは「古着=海外のもの」ってなりがちなんですが、オッドディレイブルーでは国内・海外問わずいろんなものを取り扱う予定です。
それこそ日本語の書かれたものなど、海外の人が買ってくれたらおもしろいかも、とか思ってます。

まだオープンして日が浅いので商品数も超少ないですが、じゃんじゃん追加していくのでよろしくお願いします!!